Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
主体性を極めていく物語
受け身なのは、あなたが悪いわけじゃない
整頓

読み手を思うように動かす唯一無二の文章が書けないと悩んでいるあなたへ。書けない理由を抹消するたった一つの方法

こんにちは

リラックスできるはずの自宅でリラックスできない経営者のゆずきです。
あなたは、すぐに集中できる環境をいくつ確保していますか?
あるいは集中できる手段をいくつ確保していますか?

 

人の集中力とは不思議で集中しようと思って、集中できるのではなく、
気づいたら集中していたことがほとんどです。

 

どうしても集中というと、大きな1点の○があったら、その真ん中を
みつけるイメージがあります。
○の真ん中から少しでもズレてたら、集中力が切れたと思い込んでいました。

しかし、35歳を過ぎてから実は点ではなくて、○でしかも平面の○ではなくて、

球体ののイメージのほうが力が入りすぎていなくて、気持ちがいいことに気づきました。

 

1点の平面の○では確かに集中をしていますが、力が入りすぎて、
集中していると思い込んでいるだけで、内容は進んでいない。

 

たとえば、ブログを書いているなら文字数は増えているが、
あとで見直すと内容がただ機能的な解説だけになっていて、
繰り返し読んでみたいと思わない。

あとで読んで繰り返し読んでみたい文章は文字数もそれなりにあるが、
引き込まれる文章となっている。

つまり、繰り返し読みたくない文章(1度でいい・流し読みだけ)

イコール 機能的な文章

 

繰り返し読みたい文章(日を置いて読んでみたくなる)イコール

機能的なことを踏まえて、読んでいる人の気持ちが動く文章

 

1点の平面○集中力では、なぜ内容が平面的になるのか?理由は単純です。

視野が狭いから。

 

ブログを読む人の気持ちを考えていないから、機能的な文章になっている。

機能的なこと、たとえば、クレジットカードなら、

・ポイント還元率が他のクレジットカードより高い。

・旅行傷害保険の金額が高い。

・年会費が安くなる条件が明確。

・発行されやすい。

上記の条件って、だれにとっても同じですね。それ以上でもそれ以下でもない。
読んでいる人の顔が見えない提案ではありませんか?

 

一方、球体の○集中力は相手の顔が見える文章が確実に書ける。

例えば、あなたが会社員として、大学卒業、勤務2年目、賃貸、

1人暮らし、独身、車所有、ポイントを日々貯めて、恋人がいて
旅行にいきたい、年会費はできる限り、抑えてつつ、審査に通って
発行されやすいクレジットカードがほしいと考えているとします。

 

あなたが不安に思っていることは、クレジットカードの審査に
通りやすくなる方法はあるか?

  • 勤務2年目で審査に通るか?
  • 申し込んだクレジットカードは、普段生活している店舗やネットショップで使用できるか?
  • 携帯代、光熱費やガソリン代などの決済に使用できるのか?
  • ポイントはどれくらい貯まって、どのように使用できるのか?
  • 旅行の時、遅延や怪我があったら、保険でカバーできるのか?

などなど、クレジットカードを申込みする前に、相手の生活を
踏まえて、不安や疑問を解決する文章を書けば、単純に嬉しくないですか?

 

あなたもそうだと思いますが、何を解決したくて、検索するのではないですか?

たとえば、気になった旅行先があった場合、どれくらいの時間がいくことができるのか?

泊まるなら、いくらぐらいかかるか、他に面白い場所はないか?などを検索するでしょう。

 

個人的に2chをみても何も解決しないし、面白くないのですが、
まだまだgoogle検索結果に満足しきっている方はいないと確信しているので、
個人が活躍できる場所はまだまだあります。

 

検索結果がある程度、適切なら、検索結果の1ページから2ページ目ぐらいに
該当する記事があります。

100%の検索結果は一生生まれないと思いますが、できる限り、
多くの検索結果が適切なものになれば、単純にあなたの時間節約に
なるので、余った時間をさらに楽しいことに使えます。

 

球体の○集中力は、平面○集中力より難しいと思われるかもしれません。
しかし、実はかんたんです。力を入れすぎないことです。
力を入れすぎると、急にをリズム良く切り分けられません。

個人的な感触では50%くらいのイメージで切っていくと、
リズム良く切り分けられます。
目の前に理解してほしい相手がいると仮定して、話しながら文字にしていく。
たったこれだけです。

量産だけブログ。

  • 自動だけブログ。
  • 芸能人だけブログ。
  • レビューだけブログ。
  • 公式ページにあることだけ
  • 記載ブログ。
  • コポペだけブログ。

過去インターネットビジネスが数ある教材の流れをみてきて、
教材も手に入れ、高額塾にも入り、高額コンサルも受け、投資しつづけてきて、

たった・・・だけはうまくいった試しはありません。

 

しかし、人がいる限りは、検索するのも人。
検索した結果
を見るのも人。
コメントを頂けるのも人。

 

ツイッターやフェイスブック、インスタで広めてくれるのも人。
お金を出してくれるのも人。

 

人に始まり、人が間にあって、

人につながり続ける。

これに関しては、『・・・だけ』になりますが・・・最重要なので、話してみました。
インターネットは手段であって目的でない。
ハサミは切るものであって、
投げるものではない。

あなたの目的は、稼ぐだけですか?
稼いでどうしたいですか?

あわせて読みたい
【仕事もプライベートも充実させる脳科学的にも悪最上級なマインドマップ活用方法を公開】こんにちは 頭の中が最近、やっとスッキリしてきたゆずきです。 あなたは仕事中もプライベートでも、優先順位をつけて忘れれることなく...