Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
You can change yourself and the future
過去と他人は変えられないが、自分と未来は変える事ができる
整頓

集中できない理由を何となく?周囲からの影響を受けているだけでは、集中力は改善しない。

こんにちは

好きなことなら、集中できるのに、仕事になった途端、
集中力が発揮できないことって多くないですか?

私、ゆずきもやらないといけない仕事に関して、なぜか集中できないことがあります。

時間が経ったら、集中できることもあるし、できないこともある。日々、何となく、集中できないから、悩んでいませんか?よく集中できないのは、周りがうるさいから、仕事の期限が短すぎるから、給料が安いからという理由を挙げていませんか?

確かに、周りがうるさ過ぎると集中できません。膨大な仕事量の割に1日に仕上げろと言われても、無理なものは無理かもしれません。

しかし、周りが・・・期限が・・・給料が・・・は、全て自分以外の原因にせいにしているだけです。本当に大事なことは、自分がどんな状態なら、目の前のことに気持ちを集中できるかが大事なことです。

自分がどんな状態かを把握している人って、意外と少ないと最近、ようやく気づきました。

例えば、姿勢一つをとっても、本人が背中がまっすぐになっていると、思い込んでいても、実は過度に胸を張っているだけなんてこともあります。鏡を見て、誰かに指摘されてみて、ようやく気づく人がほとんどです。

つまり、本人が思ったり、自分の姿勢だけとっても、正確な情報を把握していないわけです。自分で感じたことと自分以外の人からみてもらった情報とのズレをいかに認識しているか。

 

私自身、自分がどんな状態かを常に把握するようにしています。姿勢に関しては、鏡を見ながら、確認します。鏡を写った自分と自分の感覚のズレを修正します。睡眠に関しては、睡眠アプリを使って、実際に睡眠時間、リズムによる深さを分析しています。

スマホアラームを使って、ブログを書いて自分の仕事のリズムを確認します。酸素濃度が下がり過ぎると、脳への酸素供給が少なくなると、ボッーとするので指先に血中酸素を測定できるSPO2測定器をつけて、下がってきたら深呼吸します。

 

外の環境も大事ですが、自分の内部環境がどんな状態をより細かく観察して、修正していれば、安定的に成果を出し続けられます。最近、スマートウォッチを手に入れて、座りすぎアラームがなるように設定しています。バイブにお知らせしてくれるので、地味に嬉しいですね。